LIFESTUDIES.ORG/JP 
ホーム > このページ

作成:森岡正博 
掲示板プロフィール著書エッセイ・論文

English Pages | kinokopress.com

 

プロフィール



森岡正博


街角にてMasahiro Morioka 2008(かなり古い 

メール>こちら

 



どんな人?

1958年生まれ。哲学者。2015年4月より早稲田大学人間科学部健康福祉科学科教授。

長らく大阪におりましたが、このたび縁あって埼玉県所沢市に異動することになりました。京都、大阪と関西の地に住むこと25年以上、すっかり関西の文化慣習に染まっていましたので、関東に移ってどうなることやら。でもまあ学生時代の12年間は東京だったので、あまり違和感はないのかもしれません。

早稲田大学人間科学部では、生命倫理学・現代人間学・生命の哲学・現代哲学を中心とした教育と研究を行なうことになります。学部には三つの学科がありますが、学生さんから見れば三つの学科のあいだの垣根はとても低く、どの学科に入学した学生でも私の3年・4年ゼミに所属し卒論を書いて卒業することができます(どの学科を受験しようが同じということ)。人間科学部には、哲学思想倫理の専任教員はほぼいないので、例によって、異端児でやっていこうと思います。(→早稲田大学/大学院受験希望者の方へ

大学院では修士課程・博士後期課程の指導を行ないます。生命倫理学・生命の哲学を研究する院生や、自分自身の哲学を構築したい院生を募集します。文献学的に迫る研究は文学研究科のほうでやっているので、私のところでは、自分自身の頭で哲学を構築する営みをやろうと思っています。

ところで、このサイトを一人で作ってるんですかとよく聞かれますが、そうです、私が趣味で一人で作って更新してます。日本語サイト・英語サイトともに私の手作り。執筆時の気分転換や逃避のときに、よく更新してます。たまにデザインも変更します。やっぱりサイトは手作りに限る。でも、もうHTMLは限界やなー(デザイン的に)。

 



略歴

1958年高知県生まれ。私立土佐高校卒業。東京大学理科T類入学。人生初の一人暮らしを始める。文学部卒業。1988年3月東京大学大学院人文科学研究科単位取得退学。1988年4月東京大学文学部助手。1988年10月国際日本文化研究センター助手(公募にて転職)。京都での生活は9年に及んだ。1997年4月大阪府立大学総合科学部助教授(公募にて転職)。1998年4月同教授。2005年4月大阪府立大学人間社会学部教授。2012年大阪府立大学現代システム科学域教授。度重なる大学改革に苦しむ。2015年4月早稲田大学人間科学部教授(公募にて転職)。大阪府立大学名誉教授。博士(人間科学:大阪府立大学)。非喫煙。離婚経験有(99年)。運転免許無。子ども時代はADHD。担当科目:バイオエシックス・現代人間学など。研究領域:現代哲学・生命の哲学・生命倫理学など。主な著書はこちらからどうぞ。写真は上のものをダウンロードしてお使いください。(印刷のために他の写真がよい場合は、メールくだされば画像データをお送りします)。

 



森岡の学問・思想を知るには何を読めばよいか?

森岡の学問・思想は、生命について学際的に思考する「生命学」や、人間の存在について考える「哲学」を中心に、幅広く広がっています。脳死臓器移植のような社会問題、ジェンダー・セクシュアリティ、環境問題などまで。

その概観を知るには、次のものを読むのがよいのではないでしょうか。

(1)生命学について
まずは「生命学とは何か」をお読みください。超ダイジェストが「生命学とはいったい何なのか」にあります。入門図書として『生命学をひらく』『33個めの石』があります。

(2)文明論について
無痛文明論』を読みましょう。超ダイジェストが「無痛文明という病」にあります。

(3)生命の哲学について
生命の哲学については「誕生肯定とは何か」「「生まれてこなければよかった」の意味」が力作論文です。

(4)現代哲学について
現代哲学に関しては『まんが哲学入門』をお読みください。その他、「現代において哲学するとはどのようなことなのか」と「この宇宙の中にひとりだけ特殊な形で存在することの意味」が面白いでしょう。

(5)生命倫理について
生命学に何ができるか』がよいでしょう。脳死臓器移植については、「日本の「脳死」法は世界の最先端」あたりから入るのがよいのでは。最近の議論については、「パーソンとペルソナ:パーソン論再考」「生延長(life extension)の哲学と生命倫理学」「幸福感の操作と人間の尊厳」などがあります。

(6)ジェンダー・セクシュアリティについて
感じない男』がお薦めです。『草食系男子の恋愛学』は読みやすいかも。草食系男子についてのダイジェストとして「「草食系男子」の現象学的考察」があります。

(7)環境倫理について
「自然を守る」とはなにを守ることか」「自然を保護することと人間を保護すること」 がいいでしょう。

 



その他

よく宗教をもっていると勘違いされるが、特定の宗教は信仰していません。

それと、学生・院生とは学業以外の接点を持たないようにするため、飲み食い・忘年会・合宿その他は一切行なっておりません。大学・大学院に入学してもそういうメリットはゼロですのでご注意ください。大学での授業・仕事が終わればすぐに研究室を去りますので、研究室でたむろすることもできません。学生・院生の部屋ではご自由に日夜激論していてください。

 



講演を依頼するときは?

講演依頼や、出演依頼などは、こちらからお申し込みください。

 



出る予定の本

1 「人間のいのちの尊厳」について大きな本を書いています。

2 「生命の哲学」の全体像について大きな本を書いています。

3 「生命の哲学」についての序説を書き始めています。

4 哲学的悩み相談のような本を書いています。

5 その先は未定。(私に連絡を取りたい出版社の方はこちらから)。

6 哲学の仕事は論文のかたちで発表していきます(日本語、英語)。 本質的な仕事は論文でやります。